未来予測レポート2013-2025〈自動車編〉〈エネルギー編〉

未来予測レポート2013-2025 > 未来年表
未来予測レポート2013-2025

世界・国内情勢、テクノロジー、産業・業界動向、トレンド・価値観…2025年までに起きる「未来」を俯瞰する。

2013 ─ 2014

世界情勢(米国) 1ドル=70円を割り込む史上最安値、トリプル安(為替・株・金利)が続く
世界情勢(米国) シェールガスの積極利用のため地球温暖化に否定的見解を表明
世界情勢(中国) 輸出規制をレアメタル全般に拡大、レアアースの一部は輸出禁止へ
世界情勢(中国) 欧州の経済危機の影響で経済が冷え込み、都市部で失業者が急増
世界情勢(インド) 携帯電話契約数が10億件を突破。普及率が対人口比で3/4を超える
国内情勢 ナショナルID導入で「総合課税」へ。確定申告を義務化
国内情勢 レアメタル代替材料の開発および国家備蓄を強化
国内情勢 日本の10年物国債、金利が2%台半ばに上昇。国債の増額発行が困難に
業界・産業(エネルギー) 世界各地で天然ガス発電所の建設が急増
業界・産業(エネルギー) 固定買取制度により年金資金などが流入、太陽光発電がバブル的活況へ
業界・産業(自動車) 各メーカーが自動車向けクラウド・サービスをスタート。商品力の新たな争点へ
業界・産業(自動車) エレクトロニクスメーカー、電動モビリティーへの進出が相次ぐ
業界・産業(自動車) 鴻海精密工業など台湾系EMS/ODMが自動車分野に本格的に進出
業界・産業(その他) スマートTV、音声インターフェイスの優劣が競争のポイントに
テクノロジー(自動車) シリーズハイブリッド車用発電機としてロータリーエンジンに注目が集まる
テクノロジー(エネルギー) モバイル機器用の小型燃料電池(DMFC)が実用レベルに
テクノロジー(その他) 米国の「バイオ・リファイナリー・プロジェクト」で、藻類によるオイルの生産が本格化
テクノロジー(その他) マイクロソフトとグーグル、自動車用端末OSを巡ってシェア争いが激化
価値観・トレンド カーシェアリングが1万台規模まで拡大
価値観・トレンド 新規事業の担い手として、大手メーカーがベンチャー企業家を期限付きで採用

2015 ─ 2019

世界情勢(中国) 5-6の国家に分裂、「連邦共和国制」へ移行
世界情勢(インド) 新車販売台数で日本を上回る、世界第3位の市場へ
世界情勢(その他) G20で食料価格の高騰と安定供給が主要議題に(しかし抜本的解決策は見い出せず)
国内情勢 消費税率を15~20%へ再度引き上げ。食料など生活必需品は税率据え置き
国内情勢 化石燃料の価格がさらに上昇+供給不安。原子力発電所が一部再稼働
国内情勢 年金資産運用のための国家ファンドを創設、再生可能エネルギーを中心に巨額投資
業界・産業(エネルギー) 国際核融合炉「ITER」、当初計画より2年遅れで完成
業界・産業(エネルギー) 大型の再生可能エネルギーを設置、「電気代無料」の自治体が登場
業界・産業(エネルギー) 太陽光パネル清掃サービス会社が各地で立ち上がる
業界・産業(自動車) 電気自動車、10分の急速充電で300km以上の連続走行が可能に
業界・産業(自動車) 自動車メーカー、有力コンテンツの囲い込みのために次々と提携を発表
業界・産業(自動車) スクーターの新車販売で電動がエンジンを上回る
業界・産業(その他) クレジットカードから番号が消える、電子暗号のみに
テクノロジー(自動車) 自動車内はマルチディプレイが標準化、サーバー搭載が一般化
テクノロジー(その他) 海水からレアメタルを回収する国家プロジェクトが本格化
テクノロジー(その他) 有機材料を使った人工筋肉が実用化、ロボットが柔軟な動きに
価値観・トレンド 電子マネーで子供にお小遣いを渡す親が3割超
価値観・トレンド 副業を持つサラリーマンが6割を超える
価値観・トレンド タクシーの会員サービスが一般化、ブロードバンドを使った予約・配車など
価値観・トレンド 電車にも手軽に持ち込める、超小型・軽量な電動モビリティが都市部で人気に

2020 ─ 2025

世界情勢(米国) 道路や橋の維持コストを捻出するためにフリーウェイを有料化
世界情勢(EU) 輸送燃料に10%以上のバイオエタノール混入を義務付け
世界情勢(インド) インドの自動車メーカーが世界トップ5の一角を占める
国内情勢 「道州制」への移行により、地方空港の全面再編が始まる
国内情勢 生活保護受給者が250万人を突破、深刻な社会問題に
国内情勢 日本、米国・カナダなどと共に「環太平洋新通貨」を創設
国内情勢 「ゲノム情報管理センター」を設立。遺伝子情報を公的機関で管理
業界・産業(エネルギー) 日本海側を中心にファッショナブルな大型風力発電施設が増加。新たな観光名所に
業界・産業(エネルギー) 電力管理事業がパブリックドメイン化、利益を公益に活用
業界・産業(自動車) 人工知能を搭載した、インタラクティブな音声ナビゲーションシステムが普及
業界・産業(自動車) 自動車メーカーの利益の50%以上をネットサービスが稼ぎ出す
業界・産業(自動車) GEがビッグ3の一角を買収、電気自動車分野へ進出
業界・産業(その他) 植物工場と魚の陸上養殖を融合した「アクアポニクス」が世界的に普及
業界・産業(その他) 10万台をネットワークでつないだ、巨大なグリッド・コンピューターが誕生
テクノロジー
(エネルギー・環境保全)
核融合実験で「自己発火条件」を達成、実用化に向けて大きく前進
テクノロジー(素材/半導体) ナノカーボン素材を使った超省電力・超高速半導体が実現
テクノロジー(その他) 人工知能を搭載したインテリジェント住宅が登場。住宅と会話する時代へ
テクノロジー(その他) 超臨海水を使った有機物の分解が普及、バイオガス生産と複合化
価値観・トレンド 人工知能を搭載したインテリジェント住宅が登場。住宅と会話する時代へ
価値観・トレンド 仮想空間で活動する「インターネット宗教」が多くの信者を集める

※年表はイメージであり、実物とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。