未来予測レポート2013-2025〈食料・農業編〉〈医療・健康編〉

未来予測レポート2013-2025 > レポート目次〈食料・農業編〉

未来予測レポート 2013-2025〈食料・農業編〉目次

※第1章~5章は、〈医療・健康編〉〈食料・農業編〉ともに同一の内容です

第1章 はじめに
1-1. はじめに
1-2. 未来予測レポートの使い方
1-3. シリーズにおける本レポートの位置付け
1-4. 「未来」から戦略を考える
第2章 サマリー
2-1. 「ゲノム」がもたらす社会の変化
2-1-1. 「ゲノム」解明は何をもたらすのか?
2-1-2. 予想を超える平均寿命の延びと高齢化
2-1-3. ゲノム技術が社会全体に与える影響
2-1-4. 食料ひっ迫の現実化
2-2. 「有機」の時代
2-2-1. 「消費」から「循環」へ
2-2-2. 本格化するエネルギーや資源の代替
2-2-3. 様々な有機物の工業的生産
2-2-4. ナノカーボンから生まれる画期的進歩
2-3. ゲノム/バイオは産業をどう変えるか?
2-3-1. 「労働集約」から「工業化」に向かう医療と農業
2-3-2. 食料ビッグバン(食料生産の抜本的改革)
2-3-3. 食料/バイオ・サービス産業
2-3-4. 医療革命(医療・医薬品の歴史的変化)
2-3-5. 医療/健康サービス産業
2-3-6. 「バイオ化学工業」の誕生
2-4. 価値観の変化
2-4-1. 「汎用・実用」から「心を満たす」世界へ
2-4-2. 価値創出のためのマーケティング
2-4-3. 「ソーシャル」――つながる社会
2-4-4. 「サービス化」、「安定」と「持続」重視へ
2-4-5. 「定年」や「寿命」を自らの意思で決める時代へ
2-5. 未来社会のイメージ
2-5-1. 2025年までのロードマップ
2-5-2. 2015年の社会イメージ
2-5-3. 2020年の社会イメージ
2-5-4. 2025年の社会イメージ
第3章 政治経済
3-1. 世界
3-1-1. 人口爆発+高齢化の加速
3-1-2. 「フラット化」が進む世界
3-1-3. 「多極化」――変わる世界経済のカタチ
3-1-4. 「集中」と「分散」の同時進行
3-1-5. 食と水を巡る世界の動き
3-1-6. 資源・エネルギーを巡る世界の動き
3-2. 日本
3-2-1. 世界最速の高齢化、先頭を走る「世代交代」
3-2-2. 新興国から先進国への脱皮
3-2-3. 「貿易国家」から「投資国家」へ
3-2-4. 情報アクセスは新しい基本的人権へ
3-2-5. 年金制度の崩壊
3-2-6. 健康保険制度の限界
第4章 ライフスタイル・価値観
4-1. デジタル・ネイティブ
4-1-1. 進化するデジタル・コミュニケーション
4-1-2. 「ソーシャル」に対する高い意識
4-1-3. パーソナルツールとして定着するスマートフォン
4-1-4. マネーのデジタル化とソーシャル化
4-2. ワークスタイルと所得格差
4-2-1. ワークスタイルと求められるスキルの変化
4-2-2. 仕事のロングテール化、多様化
4-2-3. 所得格差の広がり、階級化
4-2-4. 消費スタイルの変化――高級品≠富裕層≠ニッチ
4-3. 企業経営
4-3-1. ものづくりの二極分化
4-3-2. 静脈プロセスの重視
4-3-3. ビジネスのクリエーティブ化
4-3-4. 採用活動や人材評価の変化
4-3-5. 経営資産は顧客との「つながり」
4-3-6. コミュニティ経営
4-4. 価値観
4-4-1. 「均質」から「多様」へ
4-4-2. 「安心・安全」「安定」「持続」
4-4-3. 物質的充足から精神的充足へ
4-4-4. 「シンプル」「ミニマル」
4-4-5. 心のよりどころとしての「家族」
4-4-6. 「ナショナリズム」の高まり
4-5. 健康
4-5-1. 経済力が寿命を決める「新しい現実」
4-5-2. 関心が高まるヘルスケア/予防医療
4-5-3. エスカレートする「タバコ」への圧力
4-5-4. 厳しさを増す「肥満」に対する見方
第5章 次世代有機ビジネス
5-1. 有機エネルギー
5-1-1. 木質バイオマス
5-1-2. 排泄物系バイオマス
5-1-3. バイオディーゼル/エタノール
5-2. 有機エレクトロニクス
5-2-1. 有機半導体
5-2-2. バイオ燃料電池・人工光合成
5-2-3. 人工筋肉
5-3. 有機物の工業的生産と静脈産業
5-3-1. 自然循環肥料
5-3-2. 生分解性プラスチック
5-3-3. 自然還元支援
第6章 テクノロジー
6-1. 遺伝子解析・操作
6-1-1. GM作物(遺伝子組み換え作物)
6-1-2. 体細胞クローン
6-1-3. 「人工培養肉」の可能性
6-2. 植物工場・陸上養殖
6-2-1. 水耕栽培、農作物の工業生産
6-2-2. 農作業支援用ロボット
6-2-3. 養殖技術
6-3. バイオ工場
6-3-1. 藻や微生物などを使った工業的生産
6-3-2. 生物の力を使った資源回収
6-3-3. バイオレメディエーション
6-4. 有機素材
6-4-1. 炭素化合物
6-4-2. ナノカーボン
6-5. 人工生命
6-5-1. 「人工生命」の可能性
第7章 食料/バイオ・サービス産業のゆくえ
7-1. メガトレンド
7-1-1. 農業分野の流れ(世界・日本)
7-1-2. 漁業分野の流れ(世界・日本)
7-1-3. 畜産分野の流れ(世界・日本)
7-2. 予測される産業/業界の変化
7-2-1. 農業
7-2-2. 漁業
7-2-3. 畜産業
7-2-4. 食品メーカー
7-2-5. 小売り流通
7-3. 成長が期待される新分野
7-3-1. 植物工場
7-3-2. バイオ工場
7-3-3. 陸上養殖
7-3-4. アクアポニクス